ポートフォリオサイト向けウェブホスティング

Gandi でポートフォリオサイトを作成しましょう

ポートフォリオサイトを公開することで、あなたのビジネス活動に関連するサービスや製品を紹介し、あなたのブランドの評判を大幅に高めることができます。 ポートフォリオサイトの最終的な目標は常に訪問者に有料の顧客になるように説得することであるので、ウェブサイトはデザインされていて、どの情報がどこにあるかわかりやすく、訪問者があなたに連絡しやすいようにウェブサイトを設計する必要があります。

ポートフォリオ用ウェブサイトのホスティングプランを選びましょう

S+

スターター
718円
月ごと
初回割引 初年度 50% オフ あなたの S+: 359円 / 月 から
  • 最大2サイトがおすすめ
  • 1 CPU / 最高256MB
  • 50GB ストレージ (拡張可能)
選ぶ

M

ベーシック
969円
月ごと
初回割引 初年度 50% オフ あなたの M: 484円 / 月 から
  • 最大5サイトにおすすめ
  • 2 CPU / 最高512MB
  • 50GB ストレージ (拡張可能)
選ぶ

L

プロ
1,956円
月ごと
初回割引 初年度 50% オフ あなたの L: 978円 / 月 から
  • 最大10サイトにおすすめ
  • 3 CPU / 最高1GB
  • 50GB ストレージ (拡張可能)
選ぶ

XXL

ビジネス
3,930円
月ごと
初回割引 初年度 50% オフ あなたの XXL: 1,965円 / 月 から
  • 最大20サイトにおすすめ
  • 8 CPU / 最高16GB
  • 50GB ストレージ (拡張可能)
選ぶ
価格オプション 日本向け価格 (税: excluded) 通貨: ¥ (JPY)

プランに含まれているもの

  • 1TBまでストレージを増設可能 (22円/GB)
  • SSL証明書
  • 無制限の帯域幅
  • ドメイン名への関連付け (DNSレコード編集)
  • ウェブアクセラレータ (Varnish)
  • メールでのテクニカルサポート

ポートフォリオサイトを構築するための最良のCMSオプション

信頼性の高いコンテンツ管理システム (CMS) は、顧客にとって直感的で視覚的に説得力のある環境をつくるのに役立ちます。 また、管理者がウェブサイトを作成、管理するときに、優れたユーザーエクスペリエンスを提供することも不可欠です。

CMSはそれぞれ機能などが異なるため、全てのオプションを検討し、適切なポートフォリオサイト向けホスティングを選択することを強くお勧めします。

WordPress

WordPressは、もともとウェブサイトの開発用に設計されたCMSですが、ポートフォリオサイトにも最適です。 WordPress には写真や文章にスポットライトを当てることができるテーマなど、幅広いテーマが用意されています。 WordPress を使うと検索エンジン最適化の改善も容易にすることができるため、WordPress で構築されたサイトはポートフォリオサイトのすべてのニーズをうまく満たします。

質の高い WordPress でのポートフォリオサイト向けのホスティングサービスにより、訪問者はサイトで公開されている情報にスムーズにアクセスでき、できるだけ多くのセールスリードを見つけることができます。

WordPress向けサーバーホスティング

Drupal

Drupal を使用すると、コードを1行も書かなくても、ポートフォリオサイトを作成できます。Drupalのモジュールを使用して、ウェブサイトのブランディングに取り組むことができます。

専用ホスティングを使用することで、複雑な設定手順を簡単なものにし、サイトの作成などプロジェクトをスムーズに立ち上げられるようにします。

Drupal の詳細について確認する

PrestaShop

PrestaShopネットショップを構築するように設計されていますが、このプラットフォームを使用してレスポンシブなポートフォリオサイトを作成することも可能です。 ショッピングカートを含める必要はありません。 PrestaShop 用に特別に作成されたホスティングサービスを使用することを選択すると、ビジネスの独立性を維持することができます。 その後、このソフトウェアが提供する利点を活用して、柔軟で、高速で、信頼性が高く、安全なホスティングを使用することができます。

Magento

Magento は、多くのサードパーティのサービスとの統合を提供し、コンテンツを高度にパーソナライズできるようにします。 このシステムは、複数のショップ作成や複数の言語もサポートし、高度な在庫管理システムを提供しており、スケーラブルな環境を構築したい専門家にとって理想的です。

Magento は多くのリソースと特定のサーバー構成を必要とするため、これらのニーズを満たすことができるホスティングサービスを選択することが不可欠です。

ポートフォリオサイト用に選択するホスティングサービスは、訪問者のパフォーマンスを最適化できるように、使用するCMSのニーズと一致する必要があります。 データのセキュリティや速度、および継続的な監視も非常に重要です。

Gandiはニーズを満たす適切なポートフォリオサイト向けホスティングを提供することで、お客様をサポートします。

ポートフォリオサイト用のホスティングプランを選びましょう

S+

スターター
718円
月ごと
初回割引 初年度 50% オフ あなたの S+: 359円 / 月 から
  • 最大2サイトがおすすめ
  • 1 CPU / 最高256MB
  • 50GB ストレージ (拡張可能)
選ぶ

M

ベーシック
969円
月ごと
初回割引 初年度 50% オフ あなたの M: 484円 / 月 から
  • 最大5サイトにおすすめ
  • 2 CPU / 最高512MB
  • 50GB ストレージ (拡張可能)
選ぶ

L

プロ
1,956円
月ごと
初回割引 初年度 50% オフ あなたの L: 978円 / 月 から
  • 最大10サイトにおすすめ
  • 3 CPU / 最高1GB
  • 50GB ストレージ (拡張可能)
選ぶ

XXL

ビジネス
3,930円
月ごと
初回割引 初年度 50% オフ あなたの XXL: 1,965円 / 月 から
  • 最大20サイトにおすすめ
  • 8 CPU / 最高16GB
  • 50GB ストレージ (拡張可能)
選ぶ
価格オプション 日本向け価格 (税: excluded) 通貨: ¥ (JPY)

プランに含まれているもの

  • 1TBまでストレージを増設可能 (22円/GB)
  • SSL証明書
  • 無制限の帯域幅
  • ドメイン名への関連付け (DNSレコード編集)
  • ウェブアクセラレータ (Varnish)
  • メールでのテクニカルサポート

FAQ (よくある質問)

  1. 異なるサイズのホスティングサービスをウェブサイトのトラフィックに応じて使用することができます。
  2. サーバーインスタンスの使用を開始すると、自分のFTPサーバーアドレス (000000@sftp.dc0.gpaas.net)、ユーザー名、パスワードの情報を確認することができます。
  3. その後ポートフォリオサイトを構成するファイルをサーバーにアップロードすることが可能です。
  4. ウェブサイトにアドレス (ドメイン名) を持たせるためには、ドメイン名を購入する必要があります。

WordPress には PHP と MySQL が必要です。Gandi で標準のウェブホスティングを設定するときに選択できます。 あなたのホスティングのサイズはあなたのサイトのサイズとトラフィックの量に依存します。WordPress をワンクリックで設定することもでき、標準のウェブホスティングオプションと同じです。 インストールは自動で数分しかかかりません。

GandiではPaaS ホスティングサービスを使用することで、ニーズに合わせたウェブ開発環境を使用することができます。

一般的に、ウェブホスティングプランを使用することで一番簡単にウェブサイトを公開することができます。ウェブホスティングはホスティングのインフラに関してウェブサイトの所有者にさほど多くの自由度を与えてくれません。自分で細かい設定をする必要がない場合はウェブホスティングで十分ですが、OSなどサーバーの環境から細かく設定していきたい場合はVPSやクラウドホスティングを選択する必要があります。

ドキュメンテーションを確認する

ニュース

全て確認