Gandi クラウド VPS

2008年から続くプロフェッショナル向けの信頼性の高いVPS
どんなアプリケーションでもホスティングできる最先端のクラウドサーバー。

自分に合った設定を選びましょう

V-R1

簡易サイトをホスティングする
606円
月ごと
  • 1 CPU / 1 GB RAM
  • 25GBストレージ (2TBまで拡張可能)
  • IPv4/IPv6 アドレス1つずつ含む
  • 3TB データ転送
開始する

V-R2

軽量のアプリケーションをデプロイする
965円
月ごと
  • 1 CPU / 2 GB RAM
  • 25GBストレージ (2TBまで拡張可能)
  • IPv4/IPv6 アドレス1つずつ含む
  • 3TB データ転送
開始する

V-R4

ウェブサービスやeコマースサイトをホスティングする
1,826円
月ごと
  • 2 CPU / 4 GB RAM
  • 25GBストレージ (2TBまで拡張可能)
  • IPv4/IPv6 アドレス1つずつ含む
  • 3TB データ転送
開始する

V-R8

企業向けアプリケーションをデプロイする
3,656円
月ごと
  • 4 CPU / 8 GB RAM
  • 25GBストレージ (2TBまで拡張可能)
  • IPv4/IPv6 アドレス1つずつ含む
  • 3TB データ転送
開始する
価格オプション 日本向け価格 (税: excluded) 通貨: ¥ (JPY)

Gandiをクラウドサービスプロバイダーとして選ぶ理由

  • 信頼性のあるサーバーとクラウドサービス

    Gandiのクラウドサーバーはフランスのデータセンターが使用されており、月間稼働率は99.95%です。 20年以上にわたるカスタマーサポートの専門知識を活用してください。

  • シンプルで透明性のある価格

    わずか2分でサーバーを自動作成。 Gandiはサーバーのリソース消費の可視性を保証するために明確な価格設定を提案しています。

  • 100%オープンなインフラストラクチャ

    GandiのクラウドサーバーはOpenStackに基づいており、パブリックAPIを提供しています。 独自のInfra-as-codeツール (Terraform、Ansible など) を使用してサーバーをデプロイ、設定できます。

直感的に使えるユーザーインターフェイス

直感的に使えるユーザーインターフェイス

Gandiクラウドサービスのインターフェースを使用すると、サーバーを効率的に管理するためのすべての主要機能にすばやくアクセスできます。 メンテナンス操作を実行し、インフラストラクチャの状態を監視できます。

OpenStack CLI (コマンドラインインターフェース) で時間を節約

OpenStack CLI (コマンドラインインターフェース) で時間を節約

コマンドライン (CLI) を使用したい場合も問題ありません。 数秒で OpenStack APIへのアクセスを構成し、CLIから直接サーバーを設定および管理できます。

技術仕様

価格オプション 日本向け価格 (税: excluded) 通貨: ¥ (JPY)

企業用サーバー

ウェブアプリのデプロイ

アプリケーションを素早く起動する必要がありますか?

時間を無駄にする必要はありません。 Gandiクラウドのプラットフォームでアカウントを有効化すると、2分以内にVPSを作成できます。 SSH経由で接続してアプリケーションをデプロイするか、既存のAnsibleプレイブックを使用できます。

コンテナを活用

コンテナを介してマイクロサービスインフラストラクチャをデプロイしますか?

OpenStackパブリックAPIでTerraformコネクタを構成して、コンテナのインフラストラクチャを1つ以上のGandiクラウドVPSに簡単にデプロイしましょう。

トラフィックの多いeコマースサイトを展開

eコマースサイトをホスティングするための柔軟な仮想サーバーのサービスをお探しですか?

GandiクラウドVPSは、高性能のeコマースサイトのホスティングに最適なプロフェッショナルな使用を目的としています。 サイトの負荷に応じてサーバーの電力を調整し、OpenStackパブリックAPIを使用して設定の変更を自動化します。

ウェブサービスを立ち上げ

ウェブサービスを立ち上げたいですか?

ウェブホスティングプロバイダーとしてのGandiの経験に基づいて設定します。 サービスにはテクニカルサポートが含まれており、メールでお問い合わせ可能です。

事業継続計画 (BCP) を設定

すでに他の場所にサーバーがある状態ですか?

Gandi は2008年から続く独立したクラウドのサービスプロバイダーです。 ヨーロッパ (フランス) に独自のデータセンターとネットワークインフラストラクチャがあります。

FAQ (よくある質問)

これらの2つのサービスでは仮想サーバーが提供されています。クラウドサーバーはGandiが以前から提供している歴史的なプラットフォームであり、VMを10年近く提供してきました。 クラウドサーバーを使うとサーバーを完全にパーソナライズできるという特徴があります。 Gandi クラウドの機能はクラウド VPS サービスに徐々に含まれるようになります。

IaaS (Infrastructure as a Service) タイプのサービスの主な関心事の1つはリソース配信の自動化です。クラウド VPSをいつ作成するかに関係なく、Gandi のプリペイドアカウントに必要な金額がある場合、即座に自動で開始され、 2分以内にサーバーにアクセスできます。

プラットフォームの日常的な使用を最大限に簡素化するために、プリペイドアカウントを利用しており、クラウド VPSは前払いとして毎月請求されます。プリペイドアカウントに必要な金額があること、またはクレジットカードなど有効な支払い方法が保存されている必要があります。

クラウド VPSでは現在サーバーの場所を選択することはできません。 すべてのサーバーはフランスにある FR-SD6 データセンターでホストされています。今後数週間で新しいエリアがオープン予定です。

他の色んなサーバーや VPS サービスのように、サーバーが作成されると管理者としてルートアクセスができるようになり、CMS (WordPress、Drupal、Magento) など好きなアプリケーションを自由にデプロイできるようになります。

Gandi のインフラには、データの整合性を適切に保護するためのレプリケーションメカニズムがあります。 ただし、これはお客様側での定期的なバックアップ操作を置き換えるものではありませんので、お客様側での定期的なバックアップをお願いします。また、イメージのスナップショットを作成する機能はまもなく利用可能になりますが、これはリモートバックアップに置き換えられるものではありません。

現時点では設定内容をカスタマイズすることはできません。新しい設定機能は近日中に公開予定です。今後の開発や機能追加の参考にさせていただきますので、カスタマーケアまでお客様のニーズをお知らせください。

ドキュメンテーションを確認する

ニュース

全て確認