PHP 向けレンタルサーバー

PHP言語対応のレンタルサーバーでスムーズにウェブサイトをデプロイするための最良のオプションですか?

プログラマーである Rasmus Lerdorf がPHPプログラミング言語のバージョン1をリリースしたのは25年前のことです。当初、PHPは PERL Lerdorf が個人的に使用するために開発したソフトウェアライブラリでしたが、この新しい言語はすぐに多くの開発者に興奮と期待とともに受け入れられました。PHPはウェブ開発で最も一般的に使用されているオープンソース言語の1つであるため、今日でも人気であることは明白です。しかし、なぜ新しいウェブサイトをデプロイするためにPHPウェブホスティングを選択する必要があるのでしょうか。この種のホスティングを選択することにどのような利点があるのか確認してみましょう。

PHP 向けレンタルサーバーを選びましょう

S+

スターター
718円
月ごと
初回割引 初年度 50% オフ あなたの S+: 359円 / 月 から
  • 最大2サイトがおすすめ
  • 1 CPU / 最高256MB
  • 50GB ストレージ (拡張可能)
選ぶ

M

ベーシック
969円
月ごと
初回割引 初年度 50% オフ あなたの M: 484円 / 月 から
  • 最大5サイトにおすすめ
  • 2 CPU / 最高512MB
  • 50GB ストレージ (拡張可能)
選ぶ

L

プロ
1,956円
月ごと
初回割引 初年度 50% オフ あなたの L: 978円 / 月 から
  • 最大10サイトにおすすめ
  • 3 CPU / 最高1GB
  • 50GB ストレージ (拡張可能)
選ぶ

XXL

ビジネス
3,930円
月ごと
初回割引 初年度 50% オフ あなたの XXL: 1,965円 / 月 から
  • 最大20サイトにおすすめ
  • 8 CPU / 最高16GB
  • 50GB ストレージ (拡張可能)
選ぶ
価格オプション 日本向け価格 (税: excluded) 通貨: ¥ (JPY)

PHP 向けレンタルサーバーを選びましょう

S+

スターター
718円
月ごと
初回割引 初年度 50% オフ あなたの S+: 359円 / 月 から
  • 最大2サイトがおすすめ
  • 1 CPU / 最高256MB
  • 50GB ストレージ (拡張可能)
選ぶ

M

ベーシック
969円
月ごと
初回割引 初年度 50% オフ あなたの M: 484円 / 月 から
  • 最大5サイトにおすすめ
  • 2 CPU / 最高512MB
  • 50GB ストレージ (拡張可能)
選ぶ

L

プロ
1,956円
月ごと
初回割引 初年度 50% オフ あなたの L: 978円 / 月 から
  • 最大10サイトにおすすめ
  • 3 CPU / 最高1GB
  • 50GB ストレージ (拡張可能)
選ぶ

XXL

ビジネス
3,930円
月ごと
初回割引 初年度 50% オフ あなたの XXL: 1,965円 / 月 から
  • 最大20サイトにおすすめ
  • 8 CPU / 最高16GB
  • 50GB ストレージ (拡張可能)
選ぶ
価格オプション 日本向け価格 (税: excluded) 通貨: ¥ (JPY)

プランに含まれているもの

  • 1TBまでストレージを増設可能 (22円/GB)
  • SSL証明書
  • 無制限の帯域幅
  • ドメイン名への関連付け (DNSレコード編集)
  • ウェブアクセラレータ (Varnish)
  • メールでのテクニカルサポート

GandiでのPHPホスティング

PHP 向けレンタルサーバーとは

PHP は Hypertext Preprocessor の略でプログラミング言語の名前です。このオープンソースのスクリプト言語は、動的なアプリケーションやウェブページの開発に使用できます。現在WordPressPrestaShopなど多くのコンテンツ管理システム (CMS) はPHPで記述されており、PHPフレームワーク (Symfony、Laravel、Zend など)上で実行されています。オンラインの世界におけるPHPの存在は、PHPを使用したウェブホスティングの多くの素晴らしい選択肢の存在につながりました。

PHPの多くのバージョンが1994年にリリースされていますが、この言語は1997年に実際に形となりました。当時の学生AndiGutmans と ZeevSuraski は、当時最も洗練されたバージョンのコード (PHP 3) を考案し、Zend Technologies を設立しました。 25年後の今日、PHPの7番目のイテレーションは、ほとんどのウェブホスティングプラットフォームで利用可能であり、全ての新機能の恩恵を受けることができます。 PHP 7は以前のバージョンに比べて大幅な新しい改善と最適化を受けただけでなく、ウェブページの読み込み時間も大幅に改善されました。

PHP レンタルサーバーにはどのような利点がありますか?

PHP 向けレンタルサーバーサービスは、多くの場合PHPのすべての新しいバージョンと互換性があります。現在、サポートされているバージョンは通常PHP 5.6です。

より自由にコントロール可能

ウェブ開発者にとって、PHPは快適に使用できる言語であり、高度なコントロールが可能です。このため新しいウェブページを生成するために数千行のコードを書く必要はありません。代わりにプロセスの大部分を自動化して、新しいウェブサイトを公開する際の時間を大幅に節約することができます。

パフォーマンスの向上

ウェブページの読み込み時間はPHP言語の新しい最適化ごとに減少しています。 PHPはJavaなどの言語よりもウェブアプリケーションのコンテキストでは、はるかに優れたパフォーマンスを発揮します。また、ウェブサイトの読み込みが速いほど、ユーザー維持の可能性が高くなります。

より高度なセキュリティ

最後に、Gandiの全てのPHP ウェブホスティングサービスには、機密性とセキュリティを強化するために、ユーザーとサーバー間のすべての対話を暗号化する無料のSSL/TLS証明書が含まれています。

PHP 向けレンタルサーバーは、現在ウェブのエコシステムにおいてとても重要になっています。PHPを使った開発はPHPとMySQLなどのデータベースの両方に簡単かつ直感的にアクセスしたいウェブ開発者にとっての手段になりました。 PHPは経験の浅い開発者にとっても、学ぶことが非常に簡単な言語です。 PHPを選択するもう1つの利点は、LAMPスタックを構成する他のソフトウェアコンポーネント (Linux、Apache、MySQL、PHP) と同様に、完全に無料であるということです。今日ほとんどのウェブサイトは、その多くの利点とその並外れたパフォーマンスのためにPHPを選択されています。

PHP 向けレンタルサーバーを選びましょう

S+

スターター
718円
月ごと
初回割引 初年度 50% オフ あなたの S+: 359円 / 月 から
  • 最大2サイトがおすすめ
  • 1 CPU / 最高256MB
  • 50GB ストレージ (拡張可能)
選ぶ

M

ベーシック
969円
月ごと
初回割引 初年度 50% オフ あなたの M: 484円 / 月 から
  • 最大5サイトにおすすめ
  • 2 CPU / 最高512MB
  • 50GB ストレージ (拡張可能)
選ぶ

L

プロ
1,956円
月ごと
初回割引 初年度 50% オフ あなたの L: 978円 / 月 から
  • 最大10サイトにおすすめ
  • 3 CPU / 最高1GB
  • 50GB ストレージ (拡張可能)
選ぶ

XXL

ビジネス
3,930円
月ごと
初回割引 初年度 50% オフ あなたの XXL: 1,965円 / 月 から
  • 最大20サイトにおすすめ
  • 8 CPU / 最高16GB
  • 50GB ストレージ (拡張可能)
選ぶ
価格オプション 日本向け価格 (税: excluded) 通貨: ¥ (JPY)

プランに含まれているもの

  • 1TBまでストレージを増設可能 (22円/GB)
  • SSL証明書
  • 無制限の帯域幅
  • ドメイン名への関連付け (DNSレコード編集)
  • ウェブアクセラレータ (Varnish)
  • メールでのテクニカルサポート

FAQ (よくある質問)

あなたのウェブサイトへのトラフィックを十分にサポートできるレンタルサーバーのプランを選びましょう。Gandiのサーバーは数分で立ち上げることができ、すぐに使い始められます。

WordPress 向けに専用プランがおすすめです。WordPressを使用するには PHP と MySQLが必要で、Gandiでサーバーの設定を行う時に選択することができます。ホスティングプランはあなたのサイトにどれだけの訪問者が来るなどのトラフィックによります。また、プログラミング言語やデータベースなどのサーバー設定時WordPressをワンクリックで自動インストールすることも可能です。

Gandiは以下のレンタルサーバープランを提供しています。

  • Small + SSL: 静的サイトや個人ブログサイト向け
  • Medium: CMSや小規模ブログサイト向け
  • Large: eコマースサイトなどの動的なウェブサイト、中規模サイト向け
  • XX-Large: 大規模なeコマースサイトやブログ向け

一般的に、レンタルサーバープランを使用することで一番簡単にウェブサイトを公開することができます。レンタルサーバー (ウェブホスティング)はホスティングのインフラに関してウェブサイトの所有者にさほど多くの自由度を与えてくれません。自分で細かい設定をする必要がない場合はレンタルサーバーで十分ですが、OSなどサーバーの環境から細かく設定していきたい場合はVPSやクラウドホスティングを選択する必要があります。

Get help

ニュース

全て確認