Drupal 向けウェブホスティング

Drupalは使いやすいインターフェースを通して非常に直感的に使用することが可能です。 機能豊富なウェブサイトを作成するのに最適なこのCMSはモジュール化されており、より複雑でカスタマイズされたウェブプラットフォームの開発に適しています。

プランに含まれているもの

  • 1TBまでストレージを増設可能 (22円/GB)
  • 無料TLS/SSL証明書
  • 無制限の帯域幅
  • ドメイン名への関連付け (DNSレコード編集)
  • ウェブアクセラレータ (Varnish)
  • メールでのテクニカルサポート

Pricing options

日本での価格は、通貨が 円 (JPY)で表示されます。 (Aレート)

Drupal向けウェブホスティングの長所

Drupalはコンテンツ管理システム (CMS) であるため、このプラットフォームではユーザーがドメイン名を購入したり、ウェブサイトを直接ホストしたりすることはできません。使用するためには自分でDrupalのホスティングサービスやドメイン名を選ぶ必要があります。こういった自分でセットアップを行う種類のプラットフォームには、月額使用料を支払うだけでほぼ全てが完結するようなサービスと比べていくつか利点があります。

Drupal: ウェブ開発向けの専用ツール

Drupalはプログラミング言語のPHPを使用したコンテンツ管理システム(CMS)であり、柔軟にウェブサイト開発をすることができる非常に有用なモジュールのライブラリが取り揃えられています。このコンテンツ管理システムのモジュールにはインタラクティブ性という利点もあります。必要に応じて以前には存在しなかった機能を統合したいときにいつでも増やすことができるため、プラットフォームを絶えず成長させることが可能です。

このCMSには管理者に編集中のウェブサイトと非常によく似たインターフェイスを提供する機能があります。この機能により管理者は非常に直感的に作業することが可能であり、APIや4000を超える機能により開発者の自由度も高いです。

YoastSEO、Schema.org、Redirect、Robotxtなどの専用モジュールを使用すると、Drupal ウェブサイトの検索エンジン最適化が容易になるため、Drupalで作成されたWebサイトは検索結果で優れたランキングを取得できます。

最後に、DrupalはCMSの使用を促進するための非常にアクティブなコミュニティがあり、システム自体だけでなく多くのドキュメントやガイドラインが複数の言語で利用できるようになっています。

Drupal 向けウェブホスティング

自分自身のサーバーでDrupal ウェブサイトをホストする利点の1つは、Drupalが提供する非常にシームレスなユーザー体験です。

ドメイン名を登録すると、数回クリックするだけで実際にDrupalをインストールでき、すぐにウェブサイトの作成を開始できます。Gandiのホスティングサービスは全てのセキュリティプロトコルに準拠しており、必要な更新が確実に行われます。

ホスティングプランはいつでも変更することができます。ウェブサイトのサイズや受信するトラフィックの量に関係なく、素晴らしいユーザー体験を提供します。

プランに含まれているもの

  • 1TBまでストレージを増設可能 (22円/GB)
  • 無料TLS/SSL証明書
  • 無制限の帯域幅
  • ドメイン名への関連付け (DNSレコード編集)
  • ウェブアクセラレータ (Varnish)
  • メールでのテクニカルサポート

Pricing options

日本での価格は、通貨が 円 (JPY)で表示されます。 (Aレート)

FAQ / よくある質問

どのホスティングプランを使ったほうが良いですか?

自分に合ったドメイン名はどのように選べば良いですか?

以下のリンクからGandiのサービスを確認してドメイン名を選択する参考にしてみてください。

ウェブサイトを安全にするにはどうすれば良いですか?

オンラインファイルストレージは何を使用できますか?

GandiではクラウドストレージのオープンソースプラットフォームであるNextcloudを簡単にインストールできるようにしています。Nextcloudを使用するとファイルをストレージ保存や共有、共同編集が可能になります。