無料レンタルサーバー

10日間無料でGandiのサーバーを試してみましょう!

Gandiアカウントを初めて作成するときは、シンプルホスティングのサーバーを無料で試すことができます。 トライアル期間は10日間で、サイズは S+、M、L、XXLプランから選ぶことができます。その後、初回プラン購入時に最初の1年間でさらに50%オフのプロモーションを使用して、使用を続けることができます。


ホスティングサービスを使用するか迷っている方、サーバーを契約してホームページを立ち上げてオンラインでプレゼンスを確立したい方はぜひお試しください。

この無料トライアルを使用するためにクレジットカード情報を入力する必要がありますか?

10日間の無料トライアルを利用するには、Gandiで新しい無料アカウントを作成する以外に何もする必要はありません。 支払いをしたり、クレジットカード情報を入力したりする必要はありません。 登録プロセスが完了するとすぐに、10日間の無料トライアルを利用できるようになります。 10日間のトライアルを超えて継続使用することを決定した場合にのみ、あなたのクレジットカード情報を尋ねます。

Gandiの無料レンタルサーバーについて教えて下さい。

Gandiの10日間の無料トライアルは、最初に作成したシンプルホスティングのサーバーインスタンスにのみ使用できます。 S +からXXLまでのあらゆるサイズのプランには、50 GBのストレージ容量と無制限の帯域幅が付属しているため、ホームページやウェブサービスへの予期しないトラフィックの急増が発生した場合でも、追加料金が請求されることはありません。

シンプルホスティングには、接続されているドメイン名ごとに無料のSSL証明書も含まれているため、ユーザーとウェブサイト間の全てのやり取りを暗号化できます。 Gandi のウェブサイトでドメイン名を購入すると、DNSレコードを編集する必要なく自動的にウェブホスティングに関連付けすることができます。

Gandiのレンタルサーバーで使えるプログラミング言語は何ですか?

新しいシンプルホスティングのインスタンスを作成するときは、標準構成またはカスタマイズされたセットアップのいずれかを選択できます。 標準構成オプションは、ほとんどのウェブサイトのホスティングに完全に適しており、WordPress などの一般的なテクノロジーとすぐに互換性があります。 PHPとMySQLの最新バージョンを使用することができます。

ただし、ウェブサイトに別の設定が必要になる場合があります。これはカスタマイズオプションのおかげで完全に可能です。PHPNode.js (JavaScript)、PythonRubyのプログラミング言語から選択できます。

データベースには、MySQL と PostgreSQL のどちらかを選択できます。この優れた柔軟性により、ウェブホスティング上の全てのタイプのウェブサイトに対応できます。

設定プロセス中に問題が発生した場合はどうすればよいですか?

無料のウェブホスティングの提供期間中に使用することになる管理画面は、可能な限りシンプルで直感的に使えるように設計されています。 ただし、シンプルホスティングインスタンスの設定中にいくつかの問題が発生する可能性は常にあります。 このため、レンタルサーバーの構成について適切なサポートを受けるために、いつでもメールでカスタマーケアに連絡することができます。

FAQ (よくある質問)

Gandiのドメイン名価格リストを確認して、現在の価格を確認しましょう。

  1. ウェブサイトのトラフィックに応じて異なるレンタルサーバーのプランを提供しています。(10日間の無料トライアルを含む)
  2. サーバーインスタンスの使用を開始すると、自分のFTPサーバーアドレス (000000@sftp.dc0.gpaas.net)、ユーザー名、パスワードの情報を確認することができます。
  3. その後ウェブサイトを構成するファイルをサーバーにアップロードすることが可能です。
  4. ウェブサイトにアドレス (ドメイン名) を持たせるためには、ドメイン名を購入する必要があります。
  1. .jp、.tw、.sg など国や地域など場所に関連したトップレベルドメインを選んだり、提供しているサービスや業界に関連したトップレベルドメイン (.org、.tech、.store、.cloud) を選んだり、製品やサービス内容や主張にもとづいてトップレベルドメイン (.gay、.best、.art) を選ぶこともできます。
  2. あなたのブランドや業界などを表すキーワードを含み、覚えやすいドメイン名を選びましょう。
  3. 過去に使用されていた期限切れドメイン名を使用すると、そのドメイン名が持っていたSEOの影響力を確保したまま自分のウェブサイトに使用できる可能性があります。GandiのWHOISを確認して既に登録されているドメイン名があるかどうか確認してみましょう。
  4. SSL証明書を使用することで、SSL証明書を使用していないウェブサイトよりもSEOで高くランクされるようにすることができます。

既存のウェブサイトのドメイン名を新しいドメイン名に変更することが可能です。

ドキュメンテーションを確認する

ニュース

全て確認