.ph ドメイン

.ph

.PH is the official extension for the Philippines

.ph
.ph

.ph ドメインの価格

登録

年額 6,765円

.phドメインを購入

移管

年額 9,305円

.phドメインを移管

更新

年額 6,765円

.phドメインを更新

全ての価格と期間を確認

登録 1年間から10年間 年額 6,765円
更新 1年間から9年間 年額 6,765円
最終更新期間 (ドメイン停止)ドメイン名の期限日から59日間 年額 6,765円
移管 9,305円
再取得 (詳細はこちら) N/A N/A
お問い合わせ
所有者変更 無料

日本での価格は、通貨が 円 (JPY)で表示されます。 (Aレート) 変更

.ph

レジストリ

dotPH

登録開始時期

1990

WHOIS

https://whois.dot.ph(updated every 8 hours)

関連した契約書

.phの契約書を確認

.ph ドメイン

.PH domain names at Gandi.net

Accreditation:Gandi has been accredited by dotPH since September 2011.

Terms and Conditions

Attribution: .PH domain names are open to everyone
Syntax: from 3 to 63 alphanumeric characters or a hyphen (excluding in the first and last place), domain names with only numeric characters are not allowed
IDN: no
Registration period: 1 to 2 years
Second-level extensions: yes (com.ph, .net.ph, .org.ph)

Procedures

Registration: the email address of the contacts associated with the domain name must not be composed of the domain name. If you are a legal person, the individual contact must be a person authorized to legally bind the entity
Renewal: domains are deactivated upon expiration. It is possible to renew up to 59 days following the expiration date
Disputes: Dispute Resolution Policy
Transfer (change of registrar):the process is started on the new registrar's interface with an auth code. Ensure that your domain does not have a TransferProhibited status and does not expire soon. The effective transfer depends on your validation (by email) and renews the domain name for one year.
Change of Ownership:available on our interface, the current procedure consists in email confirmation by both former and new domain name owner. The expiration date is unchanged
Deletion process:no quarantine period, see thistable

FAQ (よくある質問)

ドメイン名とは何ですか?

ドメイン名はオンラインプレゼンス(インターネット上での存在感)に重要な役割を担います。ドメイン名を有効活用すると、あなたのウェブサイトにどうアクセスするか、どこにお問い合わせメールを送るかなどが簡単になります。ドメイン名はGandiのURLであるhttps://www.gandi.netの"Gandi.net"の部分になります。

ドメイン名がないと、ウェブサイトがホスティングされているサーバーのIPアドレスを直接打ち込んでウェブサイトにアクセスする必要があります(Gandiのホスティングサービスはこちら)。一つのウェブサイトにしかアクセスしないのであればそれでもよいでしょうが、複数のウェブサイトを使用する場合、ウェブサイトの名前とIPアドレスを一致させるリストを作成して毎回確認する必要があるでしょう。

上記の理由からドメイン名は役に立つ発明の一つとされており、ドメイン名があると(詳細はこちら)、ウェブサイトへの訪問者がウェブサイトやメールアドレスを見つけやすくなります。ドメインネームシステム(DNS)はウェブサイトがホスティングされているサーバーのIPアドレスから人間が覚えやすい名前に変換させるシステムのことです。

Gandiでドメイン名について確認

ドメイン名はどのように登録すれば良いですか?

ドメインを買ったことがない方はGandiのドメインショップで簡単に購入することができます。

既に登録したいドメイン名が決まっている場合:

  1. 登録したいドメイン名を入力して虫眼鏡ボタンを押してください。
  2. ドメイン名が登録可能な場合は、その価格が表示されます。カートボタンを押してカートに追加してください。
  3. ご注文を完了させるために、連絡先情報を入力してお支払いに進んでください。

ブランド保護のためプロジェクト名や企業名に一致したドメイン名を複数のエクステンション(例 .com, .net, .jp)で登録しておくことをお勧めします。一括登録時のドメイン名はGandiのシステムによっておすすめされ、登録をされる場合は最安値で購入することができます。

Gandiでドメイン名登録について確認

ドメイン名はどのように選べますか?

ドメイン名はできるだけ短く、洒落がきいていて覚えやすく、自分や提供しているサービスにとって意味のあるものである必要があります。また、企業や団体にとってドメイン名登録はその組織のインターネット上のアイデンティや商標、ブランドを守るために必要となります。

Gandiでは700種類以上のドメインエクステンションを提供しており、その中から自分にあったものを選ぶことができます。".com"などお決まりのものではなく、".best", ".app", ".online", ".dev"などサービスにマッチしたエクステンションの中から選ぶことができます。

ドメイン名検索時にドメイン提案機能で、おすすめのドメインエクステンションも一緒に表示されますのでご確認ください。

Gandiでドメイン名登録について確認

独自ドメイン名を使ったメールアドレスはどのように作成できますか?

Gandi.netでドメイン名を登録すると、登録した独自ドメイン名を利用して2つの無料メールボックス(3GB)を使用することができます。

独自ドメイン名を使用したメールアドレスは簡単に作成することができます。

  1. Gandi.netのドメイン管理ページに移動してください。
  2. 「メール」タブをクリックしてください。
  3. 「作成」をクリックして必要事項を入力してください。

ウェブサイトが他企業のサービスでホスティングされていたとしても独自ドメインでメールアドレスを作成することができます (詳細はこちらから)。

また、必要に応じて新しくメールボックスを購入したり、容量を50GBまで増やすことが可能です。メール転送機能、エイリアス作成、カレンダー機能など必要な機能全てが揃っています。ドキュメンテーションから詳細をご確認ください。

Gandiでメールについて確認

DNSSECでどのように自分のドメイン名を保護できますか?

ドメイン名の名前解決やその技術面での脆弱性をついたインターネットのインフラシステムを標的にした攻撃が年々増加しています。ドメイン名を安全に保護する一つの方法は保護したいドメイン名でDNSSECを有効化する、ということです。

Gandiでは簡単に使え、無料のDNSSEC管理機能をGandiで登録されたドメイン名向けに提供しています。GandiのLiveDNSネームサーバーを使用している場合、全ては自動で行われます。

DNSSECの使用方法:

  1. Gandiのドメイン管理ページに移動してください。
  2. 「DNSSEC」タブをクリックしてください。
  3. 「DNSSECを有効化する」をクリックしてください。

これだけで準備完了です。DNSSECを使用するとDNSキャッシュポイズニングからドメイン名が保護され、訪問者があなたのウェブサイトにアクセスする際にフィッ グサイトにリダイレクトされることもありません。追加のセキュリティとして、SSL証明書も使用しましょう。

外部ネームサーバーを使用している方もご利用でき、GandiのDNSSEC管理画面では鍵を4つまで追加することができます。(詳細はこちらの英語版ドキュメンテーションから)

GandiでDNSSECについて確認

.phドメインに関連したニュースを確認

読み込み中